葬儀の弔電文例を確認

葬儀の弔電で使える文例

葬儀の弔電には文例があります

急な葬儀の連絡があり、どうしても参加できない時に、やはり弔意は示しておきたいものです。弔電をするには電話会社か電報会社に連絡をするのですが、一般的な電話会社で説明します。①まず電話をかける前に、相手の連絡先を準備しておきます。②次に、電話で115をダイヤルします。③オペレーターに、弔電であることを最初に告げます。③オペレータは、定例分か自由文で送るかを尋ねてくるので、定例分でと伝えます。いくつも文例が用意されているので、代表的なものを紹介してくれますが、時間がかかるので、手短に済ましたい時には、電話帳に文例が載っています。④最後に発信者の電話番号と連絡先住所を確認します。次に送付先の住所、電話番号と電文をくり返すので確認します。葬儀の場所が斎場の場合は会式日時を確認して、贈る台紙を選びます。

大切な人の葬儀の場合こそ弔電を

葬儀の形態も時代とともに様変わりしてまいりました。場所も自宅や公民館などの地域の共有施設を使うことはまれになり、日本全国どこにでも、葬儀会館ができる時代となり、その規模も、以前に比べて、家族葬等の「こじんまりとした」形を中心に営まれることが増えてまいりました。 先日も、生前、お世話になった方が急に亡くなられたと伺い、お参りを申し出たところ、家族葬なので遠慮いただきたいとご当家からお返事を頂き、ご弔電を申し入れさせていただきました。 ご当家からも弔電ならと快く受けていただくことができ、後日、ご丁重なお便りも頂くことができました。古くからのものが、新しい時代の中で改めて意味を持つこともあるものかと思います。

葬儀の弔電マナーの情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀中に弔電を披露する All rights reserved