葬儀の弔電での対応

葬儀に送る弔電の宛名確認

葬儀の弔電で宛名が不明の場合

訃報は突然に入ってきます。不義理は認められません。特に、会社関係で弔電を打つ場合は間違いは許されません。そうはいっても、直接、不幸があった取引先に詳細は聞けません。喪主の方や葬儀の場所が不確かな場合でも、弔電を打たなければなりません。そんな急場の対応ですが、まず、故人の方の近隣にある葬儀社さんに電話で確認することです。少し時間がかかる場合はありますが、正確な情報を得ることができます。喪主の方の宛名も間違えることなく、取引関係にも影響は出ません。日本社会では、冠婚葬祭は重要な催事です。きちんと対応しなければ、不義理になることが多くあります。そのなかでも、葬式の不義理は避けなければいけません。

弔電の送り方について

弔電とは葬儀に参列できない場合に、送付する電報のことです。電報といっても現代では昔のような通信手段というよりも冠婚葬祭のメッセージとして使われており、その種類もさまざまです。例えば文章だけを送付するものもあれば、何らかの物を一緒に送るといったものがあります。葬儀への弔電の送り方は、サービスを提供している会社に電話をしたりインターネットから申し込むことで簡単に行うことができます。文章は自身が考えたものを送ることができますが、定型文もありそれらを利用すれば文面を考える必要もありません。送るさいには送付先の住所と名前が必要になります。

葬儀の弔電マナーの情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀中に弔電を披露する All rights reserved