葬儀でお悔やみの言葉

葬儀の弔電に対するお礼状

身内の葬儀の弔電にお礼状を送る

身内が亡くなって葬儀を挙げた時に弔電を送ってくれた人に対してお礼状を送ることになりますが、そのお礼は手紙で伝えるのが一般的です。ただその書き方には決まりごとが幾つかあるので、そのことを踏まえて書くようにすることが大切です。それを送る時期に関して特に決まりはないのですが、できれば早めに出した方が良く葬儀が終わった後にかなり遅れて弔電のお礼状を送るのは失礼に当たることもあります。ですからこのことに関しては十分に注意しなければなりませんが、その他にも故人の名前の書き方やお礼の言葉についても十分に気を付けるようにした方が良いです。

葬儀に参列できない場合は弔電を

亡くなった方の葬儀に参列することができない場合には、弔電という方法でお悔やみの気持ちを伝えられるのがいいでしょう。この時に注意したいことが、お悔やみの気持ちを伝える文章の内容になります。電報を受け付けている会社では、いくつかの例文を用意していることがありますのでこちらの文章を用いられるのもいいですが、その際には自身と亡くなった方の関係が分かるように、文章を付け加えることをおすすめしたいものです。葬儀の中では、弔電を何通か読み上げられることがありますので、自身と故人の関係が分かるような文章にしましょう。

葬儀の弔電マナーの情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀中に弔電を披露する All rights reserved