葬儀で弔電を読むなら

葬儀中に弔電を披露する

葬儀の弔電を披露するときの注意

葬儀の弔電を披露するタイミングについては、めったにない機会ですし、業者でなければ普段わかるひとはいません。また地域によっても多少かわるようです。これは業者におまかせでも良いとも思います。葬儀で弔電を読み上げる役目を頼まれた時に気をつけたいことはあります。もちろん慌てたり、早口はいけませんが、その読み方にも気を配る必要があります。難しい言葉があれば事前に調べておくのも良いです。姿勢を正して、声を大きく、ゆっくりと話せばその気持が十分に伝わります。事前の打ち合わせをしてだれのから読むかは決めておいたほうがよいです。

弔電を送る時の注意事項

訃報を受けてもやむを得ず葬儀に参加できない時は、弔電を送ることでお悔やみの言葉を伝えることができます。その際は送るタイミングや送り先、宛名など遺族の方に対して失礼のないように配慮することが大事です。告別式で読み上げられるものなので、遅くても告別式の前に喪主宛で葬儀会場に到着するように送る必要があります。間に合わないからといって自宅に送るのはマナー違反です。また、「重ね重ね」「くれぐれも」など不幸が重なるイメージを連想させる言葉はタブーとされているので注意しましょう。宗教によっては使わないほうが良い言葉もあるので宗教の確認もしておくことが大切です。

葬儀の弔電マナーの情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 葬儀中に弔電を披露する All rights reserved